スーツを新調するタイミング

社会人にとって、男女ともに「スーツ」は一種の制服・仕事服です。これとの付き合いは、大学生であれば「就職活動」の時期から始まり、その後は多くの人が仕事を続ける限り継続していきます。
このため、一定期間ごとにスーツを作り直す必要が生まれてきますが、実はこのタイミングは各個人によって結構まちまちです。
まだ20代の若い人であれば、「一年毎」に買い替えるということもあるでしょうし、少し年齢が上がった40台の人ならば「役職に就いた」記念にスーツを慎重することも考えられます。
ちなみに私個人言うと、スーツを買い替えるタイミングはあまり決まっていないのが現状です。強いて言えば「たまたま店を通りかかって、値段がリーズナブルになっていれば」、その時のお財布の中身と相談して、スーツを買い替えるかどうかを判断しています。

実際問題、社会人になってある程度年数が経過していると、女性の場合は特にパリッとしたスーツを着用する機会が減ってくる傾向にあります。日常業務はカジュアルなパンツスタイルでこなし、きっちりとフォーマルなスーツを着るのは何かのプレゼンテーションくらいというパターンの方もかなりの数が存在しています。このため、スーツを新しく作るのは、「何かの記念」というケースが多くあるのです。