集中力を維持するには適度な休憩も必要

例えば勉強など、集中して何かに取り組もうと思った時、人間の集中力って意外と持続しないものなので注意が必要です。集中力を維持して効率的な勉強をしたいのであれば、1〜2時間ごとに適度な休憩も必要なんです。1日に10時間勉強したから偉いというわけではなく、たとえ2時間だけだろうと集中して勉強したらそれに引けを取らない、場合によってはそれ以上の効果を得ることだって可能なのです。人間が何かを得るには時間も大切ではありますが、いかにそれに集中して取り組めるかが一番大事な要素なんですね。集中していない状態で時間だけ長くダラダラ続けても、効果は薄いということです。学校の授業が1時間弱で終わってそのあと10分程度の休み時間が入るのは、実はものすごく適切なものだったのです。

プロテイン

これは勉強だけではなくて、スポーツや仕事など多くのことに言えるでしょう。練習も長くやるより短い時間で集中して取り組めば、1日中練習しているのと変わらない効果を得られるでしょう。体力の問題もありますから、それこそ集中力の切れかかった状態で何時間も無理をするべきではないですね。怪我にも繋がってしまいますし。

【ウイダー】不可能を可能にするサイクル「超回復」!│プロテインバイブル│森永製菓

仕事だってそうです。大事な会議だからといって数時間も会議室に閉じ籠りっきりでは、空気も重たくなりますしいい発言もできません。そういう時は仮に時間が押している状況だとしても、あえて5分程度の小休止を挟むことでリフレッシュでき、活発な会議ができるかもしれません。実際、さっきまで悩んでいたことが休憩後にポンポン決まったりしますからね。

価格.com - 肩こり・腰痛・筋肉痛の薬 | 通販・価格比較・製品情報

何かに打ち込むことは大切ですが、集中しなければ意味がありません。適度な休憩で脳をリフレッシュしましょう。